教育をデータで斬る(6) 日本が遅れを取り戻すために
エール大学助教授 成田悠輔

やさしい経済学
コラム(経済・金融)
2020/2/24 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

前回は明治時代まで遡って日本の教育政策を語りました。令和の時代に100年以上前の話題を持ち出したのは、現在の日本は教育のデータと分析が圧倒的に不足しているからです。

筆者は海外で8年以上研究していますが、日本発の教育分析を日本人以外が話題にするのを見たことがありません。しかし、諦めたら終わりです。何が必要か、指針を描いてみます。

第一に必要なのは自治体と研究者の歩み寄りです。教育と聞くと少人数学…

電子版の記事が今なら2カ月無料

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]