下関大丸が全館改装、3月23日にオープン

2020/2/21 16:13
保存
共有
印刷
その他

下関大丸(山口県下関市)は18年ぶりの全館改装工事が近く終了し、3月23日にグランドオープンすると発表した。大丸松坂屋百貨店が取り組む地方郊外店改革のモデル店舗として約10億円を投じて改装。人口減少や高齢化が進む地域での生き残りを目指す。

東急ハンズがプロデュースする「プラグスマーケット」のイメージ

ニトリなど複数の大型テナントを定期賃貸借契約で導入するほか、東急ハンズが地方百貨店と組んで展開する新業態「プラグスマーケット」で地域の魅力を掘り起こす。郊外の大型店に対抗し、コスメ商品も強化。3世代家族や20~40代女性、国内外の観光客など幅広い層の取り込みを狙う。

年間の利用客は、2018年度に比べて110万人増の660万人、テナントも合わせた売上高は130億円を目指す。

下関大丸は3月1日付でJ・フロントリテイリング傘下の大丸松坂屋に吸収合併されて直営店になり、店舗名も「大丸下関店」に変わる。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]