/

この記事は会員限定です

議決権行使の基準にESG 機関投資家、企業に改善促す

[有料会員限定]

世界の機関投資家が株主総会の議決権行使に環境や社会など「ESG(環境・社会・企業統治)」評価を反映し始めた。目立つのは欧州に比べて取り組みが出遅れていた米国勢で、米ステート・ストリート・グローバル・アドバイザーズは企業のESG対応を議決権行使の基準に組み入れる。気候変動の情報開示や女性活躍を求める動きもある。投資判断への活用だけでなく、総会の焦点とし、企業に真剣に改善を促す狙いがある。

約3兆10...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1272文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン