横浜美術館、11年ぶり館長交代 蔵屋氏が4月に就任

2020/2/21 15:08
保存
共有
印刷
その他

横浜市芸術文化振興財団は21日、横浜美術館(横浜市)の館長に蔵屋美香氏(54)が4月1日付で就任すると発表した。館長交代は11年ぶり。同館は現代アートの国際展「ヨコハマトリエンナーレ」などを開催した後、2021年3月から大規模改修工事のため休館し、23年度中のリニューアル開館を目指す。新体制で新たな美術館づくりに取り組む。

蔵屋氏は東京国立近代美術館で展覧会を手掛け、ベネチア・ビエンナーレの日本館キュレーターなどを歴任した。09年に就任し、3月に退任する横浜美術館の逢坂恵理子館長は引き続き、ヨコハマトリエンナーレなどの開催に携わる。

逢坂館長は「若い館長であるからこそ、時代に呼応した美術館像を検証し、魅力ある文化拠点として新生横浜美術館をけん引してくださると確信している」とコメントしている。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]