/

この記事は会員限定です

ホテルREIT、「変動賃料」裏目に 宿泊客減を警戒、オフィスと明暗

[有料会員限定]

不動産投資信託(REIT)市場で、ホテルの運営会社に土地や建物を貸し出すタイプの投資口価格(株価)が軟調だ。入居するホテルが一定以上の利益を上げたときに支払われる「変動賃料」の割合が大きく、新型肺炎の影響で宿泊客が減り、賃料収入の減少が懸念されている。一方、固定賃料のオフィスや物流施設向けのタイプには資金が流入しており、価格で明暗が分かれている。

20日に2019年12月期の決算をそろって発表した...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1432文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン