豪乗客2人が帰国後陽性 陰性のクルーズ客、下船終了へ

2020/2/21 11:16 (2020/2/21 13:28更新)
保存
共有
印刷
その他

クルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」から下船した乗客ら(21日午前、横浜港)=共同

クルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」から下船した乗客ら(21日午前、横浜港)=共同

オーストラリア政府は21日、新型コロナウイルスの集団感染が発生したクルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」から下船して帰国した豪州人乗客2人から、ウイルスの陽性反応が出たと発表した。2人はクルーズ船で検査した際には陰性で、症状は認められなかった。

2人の容体は安定しており、他の乗客らから離れた場所に隔離されているという。豪保健省は、クルーズ船で感染拡大が続いていたことから「豪州に帰国後に陽性となるのは想定外の事態ではない」としている。

同船からは21日も検査で陰性が確認された乗客が下船。厚生労働省によると、この日は約450人の下船を予定しており、一部を除いて乗客の下船は終了する見込み。

加藤勝信厚労相は21日、客室ごとの健康管理が始まった5日以降に確認された感染者と同室だったなどの濃厚接触者も早期に下船させ、国の施設で観察期間を過ごすことを明らかにした。厚労省によると、対象者は100人程度という。

ダイヤモンド・プリンセスには豪州人約200人が乗船していた。豪政府がチャーター機を派遣し、乗客164人が20日、豪北部ダーウィンに帰国した。帰国後6人に発熱の症状などがみられ、このうち2人が陽性だった。残りの乗客は予定通り、ダーウィン郊外の施設で14日間隔離される。

茂木敏充外相は21日の閣議後の記者会見で、ダイヤモンド・プリンセスから同日午前までに759人の外国人が下船し出国したと明らかにした。自国民の帰国のために米国、韓国、豪州、香港、イスラエル、カナダがチャーター機などを運航したと説明した。英国、イタリア、台湾、インドネシア、フィリピンも同日夜以降にチャーター機などを派遣する見通しだ。

ダイヤモンド・プリンセスは2月3日に横浜港に到着。乗客に客室での待機などを求めた5日から健康観察を14日間続け、19日から下船が始まっている。

厚労省は20日以降、下船した人に「健康カード」を手渡している。カードには「2週間は健康状態を毎日チェックし、不要不急の外出を控えてください」との一文を盛り込んだ。

下船後も毎日体温測定を行い、必要な外出をする時にもマスクを着用するよう要請している。熱やせきが出たときにはすぐに24時間対応できる専用の電話窓口に連絡することも求めている。

船内で大量の感染者が出たことや、感染した乗客2人が20日に死亡したことで、政府の一連の対応を疑問視する声も上がっている。

電子版の記事が今なら2カ月無料

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]