/

船内の感染症対応「国際ルール検討すべき」 茂木外相

茂木敏充外相は21日の閣議後の記者会見で、船舶内で感染症が発生した際の対応について「国際的な協力体制の構築を含め、いかなる対応が望ましいのか、一段落したタイミングで検討すべきだ」と述べた。クルーズ船内での新型コロナウイルスの感染拡大を受け、船の管轄権の整理など国際的なルールづくりを呼びかける構えだ。

集団感染したクルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」をめぐっては船籍国が原則、管轄権を持つとする国際法上の「旗国主義」によって責任が曖昧になったとの指摘がある。茂木氏は「船舶の関係者や関係国が協力して適切に対応すべきだ」と強調した。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン