/

ベルリン映画祭が開幕 震災や水俣病題材の作品も

【ベルリン=共同】世界三大映画祭の一つ、第70回ベルリン国際映画祭が20日(日本時間21日)、開幕した。最高賞「金熊賞」を競うコンペティション部門に日本作品は選出されていないが、東日本大震災で家族を失った少女を主人公にした劇映画「風の電話」(諏訪敦彦監督)が、主に若者向けを対象にした部門で上映される。

 第70回ベルリン国際映画祭の開幕式であいさつするコンペの審査員長ジェレミー・アイアンズさん(右)(20日、ベルリン)=ロイター・共同

特別招待部門では、水俣病を世界に伝えた写真家ユージン・スミスをジョニー・デップさんが演じる英国作品「Minamata」が初披露される。共演は美波さんや真田広之さん、国村隼さんら。

革新的な作品を集めるフォーラム部門には想田和弘監督のドキュメンタリー「精神0(ゼロ)」が選出されている。70回を記念して世界の名匠を招く対談イベントには是枝裕和監督が登壇する。

映画祭は3月1日まで。コンペの審査員長は英国の俳優ジェレミー・アイアンズさん。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン