資生堂、アジア依存に試練 魚谷氏の改革正念場

2020/2/20 22:06
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

資生堂がアジアショックに揺れている。2019年に韓国での日本製品の不買運動や香港のデモで売れ行きが鈍化したことに加え、新型コロナウイルスによる肺炎の感染拡大で国内外の化粧品販売の影響が見通せない。欧米大手に比べてアジアへの依存度が高いだけに先行き不透明感が増している。14年に就任し、日本製化粧品の人気に支えられ、業績を伸ばしてきた「プロ経営者」の魚谷雅彦社長は最大の試練を迎えている。

「資生堂は…

電子版の記事が今なら2カ月無料

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]