クルーズ船で新たに13人感染 20~70代

2020/2/20 21:21
保存
共有
印刷
その他

厚生労働省は20日、新型コロナウイルスの集団感染が発生しているクルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」の乗船者から新たに20~70代の13人の感染を確認したと明らかにした。これまでに延べ3063人を検査し、感染者は延べ634人となった。

同省によると、20日時点で同船の乗船者のうち日本人14人を含む40~80代の男女計28人が重症となっている。うち陽性は27人で、陰性が1人。16人に持病が確認されているという。

同船では、19日からウイルス検査で陰性と確認された乗客らの下船が始まり、20日も274人が船を下りた。乗客の下船は21日にも終える見通し。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]