セブン&アイ、米コンビニ買収へ独占交渉 1万3千店規模へ

2020/2/20 20:57
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

セブン&アイ・ホールディングス(HD)が、米石油精製会社マラソン・ペトロリアムのガソリンスタンド部門のスピードウェイ買収で独占交渉に入ったことが20日、わかった。同社は米国でガソリンスタンド併設型コンビニを約4000店持つ。セブン&アイ傘下の米セブン―イレブンは米国で約9000店を展開する最大手で、買収が実現すれば1万3000店の店舗網となりシェアは1割に迫る。

買収提示額は約220億ドル(約2…

電子版の記事が今なら2カ月無料

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]