円下落、10カ月ぶり112円台 景気減速、新型肺炎懸念で

2020/2/20 21:01
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

外国為替市場で円安が進んでいる。日本時間20日夜に約10カ月ぶりの円安・ドル高水準となる1ドル=112円台まで下落した。米景気の底堅さを示す経済指標が相次いだことに伴うドル買いに、日本での新型コロナウイルスによる肺炎の感染拡大や景気の先行きへの懸念を背景にした円売りが重なった。「リスク回避の円買い」という従来の構図が変わる可能性がある。

円相場は20日、東京市場で1ドル=111円85銭まで下落し…

電子版の記事が今なら2カ月無料

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]