最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 17,820.19 +1.47
日経平均先物(円)
大取,20/06月 ※
17,680 -180

[PR]

豊島逸夫の金のつぶやき

フォローする

欧米での円見切り売り、日本たたきの様相

2020/2/21 6:00
保存
共有
印刷
その他

突然の円安は、欧米市場でも注目される現象となっている。

2019年10~12月期と20年1~3月期と2期連続でマイナス成長が続けば、日本は市場で「景気後退入り」を宣告される。これまで、日本はジャパニフィケーション(Japanification)という用語で、低インフレから脱却できない国の代表格との刻印を押されてきた。

10~12月期の実質国内総生産(GDP)マイナス6.3%という数字と、新型肺炎の国内感染拡大懸念により、今度は「陽沈む国=サンセット」というありがたくないレッテルを貼られつつある。「ここまで頑張ってきた日本経済だが、いよいよcapitulation=降伏の時期来る」という悲観論に接する機会が増えた。

東京オリンピックは開催されるのか、との議論が欧米市場でも交わされている。

英フィナンシャル・タイムズ(FT)と米紙ウォール・ストリート・ジャーナル(WSJ)がほぼ同時に「アベノミクス終焉(しゅうえん)懸念」を社説で論じるのも異例のことだ。「円をもはや安全通貨と言うことはできない」との見方が急速に市場で拡散中だ。

まさにこの2週間ほどの急展開だが、ヘッジファンドには円売りを仕掛ける絶好のタイミングと映る。「日本売り」とも言えるだろう。いっとき語られた「日本株を持たざるリスク」も、今や「日本株を持つリスク」に変わった。円については「市場センチメント(心理)」による円売りが続きそうだ。ドル円市場の景色は激変した。

豊島逸夫(としま・いつお)

 豊島&アソシエイツ代表。一橋大学経済学部卒(国際経済専攻)。三菱銀行(現・三菱UFJ銀行)入行後、スイス銀行にて国際金融業務に配属され外国為替貴金属ディーラー。チューリヒ、NYでの豊富な相場体験とヘッジファンド・欧米年金などの幅広いネットワークをもとに、独立系の立場から自由に分かりやすく経済市場動向を説く。株式・債券・外為・商品を総合的にカバー。日経マネー「豊島逸夫の世界経済の深層真理」を連載。
・ブルームバーグ情報提供社コードGLD(Toshima&Associates)
・ツイッター@jefftoshima
・業務窓口はitsuotoshima@nifty.com

豊島逸夫が語り尽くす 金 為替 世界経済

出版 : 日経BP
価格 :1045円(税込み)

日経電子版マネー「豊島逸夫の金のつぶやき」でおなじみの筆者による日経マネームック最新刊です。

豊島逸夫の金のつぶやきをMyニュースでまとめ読み
フォローする

電子版の記事が今なら2カ月無料

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップマーケットトップ