日経商品指数17種

(1970年平均=100)
4月3日 132.110 +0.623

[PR]

商品ニュース

メモリー価格、強基調 NANDは上昇続く データセンターの更新需要で

2020/2/20 19:02
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

メモリー半導体の取引価格の基調が強まっている。データの保存に使われるNAND型フラッシュメモリーの2月の大口取引価格は前月比4%高で決着した。データを一時保存するDRAMは1月に続いて横ばいだ。次世代通信規格5Gの本格導入などを背景にデータセンター需要が価格を下支えした。

NAND型の指標となるTLC(トリプル・レベル・セル)の128ギガ(ギガは10億)ビット品は、前月比約4%高い1個2.1ドル…

電子版の記事が今なら2カ月無料

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム