/

名古屋ウィメンズマラソン、新型肺炎で一般レース中止

3月8日に開催する名古屋ウィメンズマラソンの実行委員会は20日、新型コロナウイルスの感染拡大を受け、一般ランナーが参加するレースを中止にすると発表した。走行を申し込んだ一般ランナーの数は2万4千人で、中止になるのは初となる。東京五輪女子マラソンの選考を兼ね、国内外の招待選手約140人が走る「エリートの部」は予定通り実施する。

一般レースが中止になるのは初めて(2016年、名古屋市)

大会事務局によると、7~8日開催で1万7千人の申し込みがあった名古屋シティマラソンや関連イベントも中止にするという。料金の返金は行わず、参加予定者には参加賞を送る。

名古屋ウィメンズマラソンは女性限定で、2012年から初心者のランナーでも参加できる大会として始まった。世界有数の大会の一つで、ナゴヤドームがスタートとゴール地点になっている。

新型コロナウイルスの対応を巡っては、3月1日の東京マラソンでも一般ランナーの参加が取りやめになっている。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン