/

この記事は会員限定です

海外買収、大型案件相次ぐ 減損リスクも

[有料会員限定]

セブン&アイ・ホールディングスが米石油精製会社マラソン・ペトロリアムのガソリンスタンド部門のスピードウェイ買収で独占交渉に入ったことが明らかになった。日本企業による海外企業を対象にした大型のM&A(合併・買収)が相次いでいる。国内市場での成長が見込めず、海外に成長機会を求めるようになったためだ。低金利で借金の規模も大きくなっている。ただ、買収後の経営がうまくいかず、減損損失の計上にもつながるケースもある。

【関連記事】
セブン&...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り527文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン