神奈川県内企業、新型肺炎で在宅勤務など広がる

2020/2/20 17:55
保存
共有
印刷
その他

新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、神奈川県内の企業や自治体が従業員らの感染予防を強化している。感染が広がった中国に拠点を持つ企業は現地従業員の外出機会を減らし、日本国内でも時差出勤や在宅勤務などで感染を防ぐ試みが広がっている。大人数が集まる催しの中止・延期も相次いでいる。

横浜銀行は4日、中国・上海支店を交代制の運営に切り替えた。約50人の行員らは1日おきの交代勤務とし、外出を控えることで感染…

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]