英移民新制度、流入抑制へ審査強化 労働力不足の懸念

2020/2/20 17:53
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

【ロンドン=中島裕介、ジュネーブ=細川倫太郎】英政府は19日、欧州連合(EU)離脱に伴う新移民制度の概要を公表した。現状で認められているEU加盟国から英国への労働者の自由な流入を制限し、単純労働者など技能や年収が低い人の就労を認めないのが柱だ。EU離脱の世論が高まる原因となった東欧などからの移民の流入を防ぐ狙いだが、労働者が不足している産業界からは懸念の声が漏れている。

「低賃金で技能が低い労働…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]