時価総額(普通株式ベース)
  • 東証1部 5,168,748億円
  • 東証2部 54,798億円
  • ジャスダック 73,356億円
東証1部全銘柄の指標
連結前期基準予想
純資産倍率 0.97倍 --
株価収益率12.29倍13.44倍
株式益回り8.13%7.43%
配当利回り2.45% 2.45%
株式市場データ

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 18,065.41 -851.60
日経平均先物(円)
大取,20/06月 ※
17,820 -890

日経チャンネルマーケッツでは、マーケット・経済専門チャンネル日経CNBCの番組をライブ配信。配信中の番組から注目のトピックスをお届けします。

暗い材料ばかりでない! [映像あり]

2020年4月1日

今こそ銘柄クエスト 長い冬に備える未来のブルーチップ [映像あり]

日本経済新聞 田中 彰一コンテンツプロデューサー

2020年3月31日

[PR]

スクランブル

フォローする

「日経平均優位」に潜む危うさ 先物空中戦、相場かく乱
編集委員 川崎健

川崎 健
編集委員
2020/2/20 17:51
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

20日の東京株式市場である指標が歴史的な水準を記録した。日経平均株価を東証株価指数(TOPIX)で割った「NT倍率」が、約28年ぶりに14倍の大台に乗せたのだ。拡大が止まらないNT倍率は、日経平均先物を主戦場とするファンド勢の短期マネーと、海外年金マネーといった長期資金の間のセンチメントの乖離(かいり)を映し出している。

20日の株式市場では、投資家心理が猫の目のようにめまぐるしく変化した。

前…

電子版の記事が今なら2カ月無料

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

記事の理解に役立つランキングやデータはこちら

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム