欧州債務危機から10年 残された教訓 中曽宏氏
大和総研理事長

エコノミスト360°視点
2020/2/21 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

今年は欧州債務危機から10年に当たる。単一通貨ユーロが1999年に誕生して以来、ギリシャをはじめ財政規律の緩い国々の国債金利が、ドイツの低い金利に収れんするという奇妙な状態が10年にわたり続いた。政府および民間債務が持続不能な水準まで積み上がったところで市場が覚醒した。危機は2012年夏にピークを迎え、この間、幾度かの波が欧州と世界の経済を揺るがし続けた。

これに対し、欧州中央銀行(ECB)や欧…

電子版の記事が今なら2カ月無料

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]