自動運転バス、実用化へ有料実験 大津市や京阪バス

2020/2/20 19:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

大津市や京阪バス(京都市)、日本ユニシスは大津市中心部で2020年12月から、自動運転バスの実用化を目指す。実現すれば、緊急時のみ運転手が操作する「レベル3」で全国初。5月からの中型バス(27座席)で需要を探る有料実験に向け20日、一部区間で電磁誘導装置の埋設が始まった。持続可能な公共交通の確立は同市のにぎわいづくりのカギになりそうだ。

大津市でのレベル3の実験は3回目。運行ルートは19年11月…

電子版の記事が今なら2カ月無料

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]