横浜市大、ランドマークタワーにサテライト拠点

大学
2020/2/20 16:52
保存
共有
印刷
その他

横浜市立大学は20日、4月1日に横浜ランドマークタワー(横浜市)内にサテライトキャンパスを開設すると発表した。ビッグデータなどを分析して課題の発見や解決につなげる「データサイエンス」の大学院教育や産学連携拠点として活用する。横浜市も人材交流やプロジェクト創出で支援し、同市を核としたイノベーション(革新)の創出につなげる。

「みなとみらいサテライトキャンパス」を三菱地所が産学連携をめざし、横浜ランドマークタワーの7階に設ける「ナナレベル」内に開設する。講義や会議のためのスペースを設ける方針で、横浜市大が4月に設ける大学院のデータサイエンス研究科の教育に用いる。産学官の連携事業や大学院の授業、社会人や市民を対象としたセミナー会場としても使用する。

電子版の記事が今なら2カ月無料

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]