大韓航空の内紛泥沼化 ナッツ姫が弟に退陣要求
ソウル支局長 鈴木壮太郎

朝鮮半島ファイル
2020/2/21 0:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

大韓航空を傘下に持つ韓国財閥、韓進グループで勃発した「お家騒動」がさらに泥沼化している。「ナッツ姫」で知られる先代会長の長女、趙顕娥(チョ・ヒョナ=45)氏はアクティビストと組み、グループ持ち株会社韓進KALの3月の株主総会に向けて弟の趙源泰(チョ・ウォンテ=44)会長の退陣要求を突きつけた。一方、母と妹は源泰氏側についた。両陣営の持ち分はほぼ拮抗しており、グループの命運は約3%を出資する国民年…

電子版の記事が今なら2カ月無料

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]