/

宇都宮大とベトナムの大学、宇都宮駅西側案で発表会

宇都宮大学は20日、同大の学生とベトナムのダナン科学技術大学の学生が考案したJR宇都宮駅西口のデザインの発表会を開いた。来日したダナン科技大の学生と宇都宮大の学生で5つの混成チームをつくり、17日から3日間かけてデザインを練り上げた。発表会では手作りの模型も使いながら設計案を披露した。

発表会では市内で採掘した大谷石を使ったモニュメントやイベントスペースの整備などを提案した。

両大学は2017年から交流を始め、18~19年はベトナムでワークショップを開催した。宇都宮大でのワークショップは初めて。

宇都宮市は駅東側で整備中の次世代型路面電車(LRT)を西側にも延伸する計画だ。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン