/

「気候非常事態宣言」決議目指す 超党派議連が発足

国会で「気候非常事態宣言」の決議を目指す超党派議連が20日、発足した。異常気象による自然災害が相次いでいることを踏まえ、国会として問題意識を示す狙い。与野党の国会議員42人が参加し、共同代表幹事に自民党の鴨下一郎元環境相や公明党の斉藤鉄夫幹事長、立憲民主党の福山哲郎幹事長ら7人が就いた。

気候非常事態宣言の国会決議を目指す超党派議連の設立総会(20日、国会内)

今国会中に衆参両院が全会一致で宣言を決議することを目指す。20日に開いた設立総会では鴨下氏が「国民は不安を持っている。国会が超党派でしっかり対応すると示すことは重要だ」と述べた。国民民主党の古川元久代表代行は「いまや地球温暖化は気候変動から気候危機のレベルに達した」と指摘した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン