オリパラ考

フォローする

アスリートの腸内細菌と運動能力
編集委員 北川和徳

2020/2/21 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

サッカー元日本代表の鈴木啓太氏が社長を務めるAuB(オーブ、東京・中央)がアスリートの便を研究していることはよく知られている。その成果として、昨年末に腸内環境を改善するサプリメントを発売した。

人間の腸内には500~1000種類、100兆~1000兆個の細菌がすみつき、免疫機能や神経伝達物質の生成などにも関与するとされる。様々な研究が進んでいるが、同社はアスリートの便に注目。五輪メダリストを含む…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

五輪関連コラム

パラリンピック関連コラム

関連キーワード

電子版トップスポーツトップ

オリパラ考 一覧

フォローする
IOCのコーツ調整委員長は「大会の再延期はない」と断言した


 新型コロナウイルスの影響で1年延期となった東京五輪について、5月下旬、国際オリンピック委員会(IOC)のコーツ調整委員長が、10月が開催の可否を判断する時期になるとの見通しを示したという。
 オースト …続き (6/3)

J1鹿島はOBによるリモートトークショーをライブ配信、サポーターから募金を受け付けた。

 サッカーJ1の鹿島が先日、実験的なイベントを開催した。過去の名勝負をNHKのBS1などで放送したのに合わせて小笠原満男氏らチームOBがリモートでトークショーを開催。それをオンライン上でライブ配信して …続き (5/27)

IOCのバッハ会長(右)は、健康増進で協力する覚書をWHOのテドロス事務局長と交わした


 国際オリンピック委員会(IOC)は14日の理事会で、1年延期となった東京五輪で新たに最大8億ドル(約860億円)の資金拠出をする計画を決めた。このうち大会運営費には6億5000万ドル(約700億円) …続き (5/20)

ハイライト・スポーツ

[PR]