/

この記事は会員限定です

アスリートの腸内細菌と運動能力

編集委員 北川和徳

[有料会員限定]

サッカー元日本代表の鈴木啓太氏が社長を務めるAuB(オーブ、東京・中央)がアスリートの便を研究していることはよく知られている。その成果として、昨年末に腸内環境を改善するサプリメントを発売した。

人間の腸内には500~1000種類、100兆~1000兆個の細菌がすみつき、免疫機能や神経伝達物質の生成などにも関与するとされる。様々な研究が進んでいるが、同社はアスリートの便に注目。五輪メダリストを含む5...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り665文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン