ベトナム 新興スマホ決済企業が多額調達 VNペイ
19年に利用額2割増 マレーシアは不振

アジアBiz
2020/2/20 15:51 (2020/2/27 22:12更新)
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

【ハノイ=大西智也】東南アジアのスタートアップ企業による資金調達が全体的に失速する中、ベトナム勢が精彩を放っている。ベトナム・ペイメント・ソリューション(VNペイ)などスマートフォン決済を扱う企業が順調に出資受け入れに成功した。年7%前後という高い経済成長を背景にスマホ決済額は2019年に前年比2割増え、さらに普及すると見越した動きだ。国別でマレーシアは投資額、件数とも減少し、振るわなかった。

電子版の記事が今なら2カ月無料

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]