/

三菱電機がセキュリティ統括室、元エネ庁長官も迎える

三菱電機は20日、同社がサイバー攻撃を受けたことなどから、4月1日に「情報セキュリティ統括室」を新設すると発表した。今回の攻撃への対応の教訓を生かし、社長直轄で一元的に対策を担うようにする。渉外などを担当する常務執行役に、経済産業省の資源エネルギー庁長官を2018年に退官した日下部聡氏が同日付で就く人事も発表した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン