/

新型肺炎で利用者数8%減、東海道新幹線

JR東海は20日、東海道新幹線の2月1~19日までの利用者数が前年同期に比べ、8%減ったと発表した。減少幅の大きさは東日本大震災後の2011年5月以来。新型コロナウイルスの感染拡大で、訪日外国人(インバウンド)を含む観光客の減少に加え、企業の出張抑制も響いたとみられる。

新型肺炎の影響で東海道新幹線の利用客も減った(20日、名古屋市中村区)

JR東海の金子慎社長は20日の記者会見で「観光旅行の取りやめが出ている。今後の動向を注視していく」と分析した。2月の平日の利用者数は7%減、休日は11%減だった。

東海道新幹線を巡っては、11年3月に東日本大震災の影響で利用者数が20%減少し、1987年のJR東海発足以降、最大の減少幅となった。2番目が09年5月の15%減で、新型インフルエンザの流行やリーマン・ショックによる景気低迷が響いた。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連企業・業界

企業:
業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン