スポーツ > Tokyo2020 > GO TOKYO > 記事

GO TOKYO

フォローする

2大会ぶりメダルへ、「速さ」磨く 女子バレー

Tokyo2020
2020/2/25 3:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

東京五輪で2大会ぶりのメダル獲得を目指すバレーボール女子日本代表が早くも長期合宿に入っている。2017年4月に就任した中田久美監督が一貫して志向してきたのは「速いバレー」。ここまでの国際大会では満足いく結果を残せていないが、新コーチの加入や主将交代といった「ギアチェンジ」でチーム作りを加速させようとしている。

期間が大幅に短縮されたVリーグを経て、代表候補29人がナショナルトレーニングセンター(…

電子版の記事が今なら2カ月無料

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

バレーボールのコラム

電子版トップスポーツトップ

GO TOKYO 一覧

フォローする
ウルフ・アロンは2017年に世界選手権、19年に全日本選手権を制しており、五輪に「3冠」達成が懸かる


 開催決定から7年の年月をかけて準備が進んできた東京五輪・パラリンピックは、新型コロナウイルスの感染拡大で2021年夏開幕(五輪7月23日、パラ8月24日)に延期された。出場切符を獲得していたアスリー …続き (4/8)

平泳ぎの新鋭・佐藤はし烈な五輪代表争いに挑む=共同共同

 東京五輪の1年延期が決まった。五輪を花道に定めていたベテラン勢に、好機が広がった伸び盛りの新鋭たち。思わぬウイルス禍に翻弄されながらアスリートたちが再スタートを切った。
 スポーツクライミング女子の野 …続き (3/31)

山崎は現役最後のレースで最下位だったものの、完歩したことに充実感をにじませた=共同共同

 長く日本競歩男子の第一人者として活躍した山崎勇喜(36、富山陸協)がこのほど現役生活に終止符を打った。かつて世界のトップに肉薄したパフォーマンスは後輩たちの範となるものだった。
 15日に石川県能美市 …続き (3/28)

ハイライト・スポーツ

[PR]