/

この記事は会員限定です

首都圏で広がるシェアサービス、自治体も積極活用

#ハッシュタグ

[有料会員限定]

モノの共有から始まったシェアリングエコノミーで新たなサービスが広がっている。地域住民と交流が図れる別荘タイプのシェアハウスが登場したほか、自治体もシェアサービスを活用して行政サービス拡充につなげている。個人のスキルの共有も拡大しそうで、シェアが暮らしに浸透してきている。

「都会と地方双方に関係する人口を増やしたい」――。スタートアップ企業のアドレス(東京・千代田)は2019年4月、定額で全国各地に...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1410文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン