/

この記事は会員限定です

「5Gスマホが売れない」危機感、KDDIは苦肉の策

ITジャーナリスト 石川 温

[有料会員限定]

いよいよ日本でも3月から、次世代通信規格「5G」の商用サービスが始まる。韓国サムスン電子やシャープが日本で投入する5G対応スマートフォンを相次いで発表するなど、本格サービスに向けてカウントダウンが始まった。しかし日本のスマホ業界には早くも暗雲が垂れ込めている。5Gスマホを売りたくても売れない、2つの逆風が吹いているからだ。

まず昨今の新型肺炎騒動。世界のスマホメーカーの大半は、中国にスマホ製造拠点を置いて...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2459文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

モバイルの達人

最新スマホの最速レビューから、最新技術動向、スマホを巡るビジネスの裏側など業界を知り尽くす「達人」がお伝えします。動きの早いモバイル業界の「次を読む」ためのヒントが満載。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン