クルーズ船対応告発の動画削除、菅氏「政府関与せず」

2020/2/20 12:26 (2020/2/20 13:21更新)
保存
共有
印刷
その他

菅義偉官房長官は20日の記者会見で、クルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」のずさんな感染対策を告発した動画が削除されたことに関し、政府の関与を否定した。船内の感染対策に関しては「感染管理の専門家が常駐していた」などと強調した。

船内での感染拡大を巡っては「初めてのことだ。(感染拡大を)防ぐために一生懸命取り組んでいた」と述べた。

動画は、クルーズ船に一時乗船していた岩田健太郎神戸大教授が動画投稿サイト「ユーチューブ」に投稿した。

加藤勝信厚生労働相は衆院予算委員会で、船内でウイルスに汚染された危険区域と、安全な区域を区別する措置は確実に実施していたと説明。岩田氏について「災害派遣医療チーム(DMAT)の業務に従事する約束で18日の午後3時すぎに乗船してもらったが、業務を適切にしてもらえなかったため、午後5時すぎに下船してもらった」と指摘した。

〔共同〕

電子版の記事が今なら2カ月無料

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]