未承認薬の輸入、摘発相次ぐ 偽造品の流通拡大懸念も

スコープ
2020/2/24 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

未承認薬の輸入を代行する業者の摘発が相次ぐ。違法業者の多くが効能を過大に宣伝し、転売益を得る。インターネット通販の広がりを背景に正規を含めた未承認薬の個人輸入は増加傾向だ。海外では薬の偽造、密造が増えているとされ、健康被害の懸念も高まる。国は輸入手続きに虚偽があった場合の罰則を新設し、不正輸入の取り締まり強化を進める。

「はげや」というホームページ(HP)を開設し、個人輸入した発毛剤を販売してい…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]