/

この記事は会員限定です

旧薬研堀(東京・中央) 七味唐辛子発祥の地

[有料会員限定]

パパン、パン、パン! 小気味よい張り扇の響きに乗せ、武田信玄と上杉謙信が川中島で激突する。赤穂浪士の堀部安兵衛が鮮やかにあだ討ちを果たす。2月の休日、東京都中央区東日本橋のオフィスビルやマンションがたち並ぶ一角で、人気講談師らによる「やげん堀講談会」が催されていた。

会場となった薬研堀不動尊は講談とゆかりが深い。江戸元禄に浅草見附の町辻で講じられた太平記は大人気を博し、江戸講釈の発祥となった。その...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り875文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン