外食産業も休み方改革 くら寿司、年2回10連休を義務化

働き方改革
2020/2/20 11:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

人手不足に悩む外食各社が社員の「休み方」の改善を進めている。くら寿司は現場で働く店長以上の社員を対象に、年2回の10連休の取得を義務化した。ロイヤルホストなどのファミレス業態でも5連休以上の取得を推奨する取り組みが進む。「外食業は休みが取りにくい」とのイメージを払拭し、人手の確保や優秀な人材の呼び込みにつなげる狙いだ。

くら寿司は2020年10月期から、店長以上の社員約600人に年2回の10連休…

電子版の記事が今なら2カ月無料

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]