[FT・Lex]低格付け社債 景気後退なら投資不適格にも

FT
2020/2/20 11:12
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

低金利での借り入れは麻薬のようなものだ。2018年には、多くの企業がやめようとしたが、19年に各国の中央銀行が再び金融の蛇口を緩めると、誘惑に負けた。経済協力開発機構(OECD)によると、企業は19年、社債の形でさらに2兆1000億ドル(約230兆円)を借り入れた。

10年にわたる社債の大量発行は前例がない。また、その大半の質が低いことも前代未聞だ。19年は、投資適格債の半分以上(51%)の格付…

電子版の記事が今なら2カ月無料

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]