/

全身白いズワイガニ展示 福井の水族館

越前松島水族館(福井県坂井市)は全身が白いズワイガニの展示を始めている。坂井市沖約25キロ、水深約320メートルの日本海で捕獲された雄で、甲羅の幅が11.5センチ。14日に同市の三国港に水揚げされ、漁師が生きたまま水族館に寄贈した。

越前松島水族館で展示されている白いズワイガニ(左下)と通常のズワイガニ(19日午後、福井県坂井市)=共同

水族館によると、ズワイガニは通常、自然界では褐色をしているが、展示されているカニは青みがかった白色。遺伝子に異常はなく、何らかの理由で色素異常が起こったとみられる。白いカニは、普通のズワイガニや毛ガニと共に来館者が手で触れるコーナーに展示されている。

鈴木隆史館長は「真っ白なズワイガニは非常に珍しい。ぜひ間近で見て、一般的なカニとの違いを比べてみて」と話している。

〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン