日経平均続伸、終値78円高の2万3479円

2020/2/20 9:08 (2020/2/20 16:00更新)
保存
共有
印刷
その他

20日の東京株式市場で日経平均株価は続伸し、前日比78円45銭(0.34%)高の2万3479円15銭で終えた。円相場が1ドル=111円台まで下落したことで、海外の短期筋が株価指数先物に買い戻しを入れた。輸出関連株などが買われ、日経平均の上げ幅は一時400円を超えたが、新型肺炎の感染拡大への懸念は根強く、戻り売りで急速に伸び悩んだ。

中国人民銀行(中央銀行)は20日、政策金利である最優遇貸出金利(ローンプライムレート、LPR)の1年物を前月より0.1ポイント引き下げると発表した。「予想通りだが、中国政府の景気対策に対する本気度が伝わり下値の支えにはなった」(三井住友DSアセットマネジメントの市川雅浩シニアストラテジスト)という。

買い一巡後は上げ幅を縮小した。米疾病対策センター(CDC)は19日、新型肺炎の拡大を受け、日本を旅行する人に「注意」を求める渡航注意情報を出した。訪日外国人が減少すれば内需株には打撃との見方から、内需関連の多い中小型株が売られた。

JPX日経インデックス400は続伸し、終値は前日比21.16ポイント(0.14%)高の1万5037.10だった。東証株価指数(TOPIX)は続伸し、2.62ポイント(0.16%)高の1674.48で終えた。

東証1部の売買代金は概算で2兆1810億円。売買高は11億7403万株だった。東証1部の値上がり銘柄数は744と、全体の3割強を占めた。値下がりは1298、変わらずは118だった。

ソフトバンクグループ(SBG)が1銘柄で日経平均を約39円押し上げた。トヨタ信越化が高い。京セラオリンパスも買われた。半面、セブン&アイ住友不ダイキンは売られた。前田道は大幅安となった。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

電子版の記事が今なら2カ月無料

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]