きょうも約500人帰途へ クルーズ客ら下船続く

2020/2/20 7:08
保存
共有
印刷
その他

新型コロナウイルスの集団感染が起きたクルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」で、ウイルス検査の結果、陰性と確認された乗客らが20日も下船する。下船は19日に続き2日目で21日に終える見込み。対象は500人程度。厚生労働省はクルーズ船で感染者が確認された5日から乗客らに19日までの客室待機を要請していた。

厚労省は17日までに船内に残る乗客全員のウイルス検査を実施。陰性なら医師らによる健康チェックを受けた上で船から下り、日常生活に戻ることができる。19日は443人が帰途に就いた。

クルーズ船は1月20日に横浜港を出発。香港で下船した香港人男性の感染が判明した。厚労省は約3700人いた乗客乗員全員に検疫を実施。ウイルス検査で陽性だった人や急病者、持病のある高齢者らを除く乗客らに待機を要請していた。

〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]