未知の脅威、手探りの対策 クルーズ船集団感染

2020/2/19 23:21
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

中国湖北省武漢市で発生した新型コロナウイルスによる肺炎を巡り、横浜港で3日から検疫を受けていたクルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」で19日、乗客の下船が始まった。国内各地でも感染者の確認が続き、新型肺炎の対策は正念場を迎えている。異例の船内検疫は未知の脅威に対応する難しさを浮き彫りにした。

見えないウイルスをどう防ぐか。重症化リスクが高い人の多い病院、高齢者施設をはじめ感染対策の徹底は容易でな…

電子版の記事が今なら2カ月無料

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]