/

この記事は会員限定です

前田道路、535億円の特別配当 敵対的TOB対抗で大幅上げ

(更新) [有料会員限定]

前田道路が総額535億円の大規模な特別配当を実施することを発表した。配当を受ける権利がもらえる基準日は3月6日に設定した。現在、2020年3月期に計画している配当総額(80億円強)の約6倍の規模になる。同社は筆頭株主の前田建設工業から敵対的TOB(株式公開買い付け)を受けており、同案はその対抗策の位置づけだ。配当実施による資金の流出で純資産が減ることになり前田建設によるTOBが撤回される可能性があるためだ。同じグルー...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り947文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン