/

この記事は会員限定です

もみ殻でトラクター動かす クボタ会長が描くエコ農業

クボタ会長・木股昌俊さん(人間発見)

[有料会員限定]

農林水産省の見通しでは2050年に世界の穀物生産量は10年比で1.7倍の約36億トンに増えるが、収穫面積は約6億ヘクタールで横ばいだという。農業の生産性向上は地球規模の課題だ。今年1月に社長から会長に就いたクボタの木股昌俊さん(68)は生産現場一筋で、最先端の農業機械を世界に送り出してきた。

◇   ◇   ◇

今年創業130周年を迎えるのを記念し、1月15日のディーラー向け発表会で、クボタとして...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り5944文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン