/

この記事は会員限定です

手術ロボ「ダヴィンチ」の専用室、国内外の医師に指導

札幌医科大学付属病院(札幌市)

[有料会員限定]

札幌医科大学付属病院(札幌市)は2019年11月、手術支援ロボット「ダヴィンチ」のための専用手術室を新設した。近年増え続ける直腸がんの手術や、ロボット手術に不可欠な技術指導をしやすくする狙いで、ダヴィンチの専用室は全国でも珍しい。複数のロボットを室内にそろえ、北海道内外の医療機関とをつないだ遠隔指導の実現も目指す。

同病院の一角に「ダヴィンチ用手術室」と英語で表記された部屋の中央にはアームのついた...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り857文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン