/

この記事は会員限定です

ふん尿から高級マンゴー、北海道のバイオガス発電に脚光

[有料会員限定]

牛のふん尿を活用するバイオガス発電が北海道で急速に普及している。酪農の厄介者を燃料に使いながら、電力を安定的に生み出して苦しい台所事情を改善してくれる一石二鳥の新技術だ。余剰熱まで余すところなく使った新たな特産品も生まれ、自治体の新たなエネルギーサイクルの手法として脚光を浴びている。

興部町産業振興課の安東貴史主査は「ふん尿処理とエネルギー調達という2つの課題を同時に解決できる」と胸を張る。201...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1641文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン