中国人男性を不起訴 大阪地検、偽造切手輸入疑い

社会・くらし
2020/2/19 18:55
保存
共有
印刷
その他

大阪地検は19日、偽造された郵便切手を中国から輸入したとして郵便法違反の疑いで逮捕された中国籍の男性(38)を嫌疑不十分で不起訴処分とした。男性は7日に処分保留で釈放されていた。地検は「捜査により証拠を収集した結果、起訴に足る証拠が見つからなかった」としている。

1月に関西国際空港の荷物検査で男性のスーツケースから偽造された切手が見つかり、額面100円と140円の偽造切手各900枚を中国の青島流亭国際空港から輸入したとして大阪府警が逮捕していた。

電子版の記事が今なら2カ月無料

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]