/

この記事は会員限定です

楽天、「送料込み」に見えた強気と妥協

証券部 斎藤正弘

[有料会員限定]

楽天は3月18日、インターネット通販「楽天市場」で3980円以上の買い物代金を「送料込み」とする新たな仕組みを導入する。楽天は出店する店舗の売り上げ増につながると主張するが、一部の出店者は「送料を負担すると利益が圧迫される」と反発。楽天は対象となる商品の絞り込みに動いた。専門家からは送料込みにしても増収効果は限られるとの指摘も出ている。消費者の利便性と出店者の満足度のどちらを優先するか。楽天はジレンマ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1399文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン