/

サイバー防衛、省庁・独法職員が競技会 1位は総務省

政府は19日、府省庁や独立行政法人などの43機関から70人の職員を集め、サイバーセキュリティーの技術や能力を競う競技会を開いた。東京五輪・パラリンピックの開催を前に技術強化とサイバー人材の育成につなげる。不審メールやウェブページの改ざんといった実践的な課題が課され、3時間の間に素早く正確に対応できるかを競った。

サイバー技術を競う職員

優秀な成績を収めた人は橋本聖子五輪相が表彰した。1位は総務省、2位は防衛省の職員だった。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン