/

この記事は会員限定です

新型肺炎、民間も対応急ぐ テレワークなど相談増

[有料会員限定]

新型コロナウイルスの感染拡大による経済活動への影響を抑えようと、都内企業などの動きが慌ただしくなっている。

クラウドを活用した企業向けの通話サービスを手がけるアイティオール(東京・港)は18日、東京、仙台の事業所で働く全社員を対象にテレワークを始めた。外出に伴う感染リスクを抑える狙いだ。港区にあるショールームは閉めるものの、電話やメールなどで業務はほぼ通常通りこなしていくという。

事業所での仕事は...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り436文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン